日本地すべり学会誌
Online ISSN : 1882-0034
Print ISSN : 1348-3986
研究ノート
2005年パキスタン北部地震による斜面崩壊と地表変位の方位の関係について
佐藤 浩宇根 寛飛田 幹男
著者情報
キーワード: 斜面, SPOT5, ENVISAT, SAR, パキスタン, 地震
ジャーナル フリー

2008 年 45 巻 2 号 p. 132-136

詳細
抄録

2005年10月8日, パキスタン北部地震 (マグニチュード7. 6) が発生し, 2, 000ヶ所以上の斜面崩壊が引き起こされた。筆者らは既に, 90m解像度数値地形モデル (DEM) を使って, 斜面崩壊の大部分が逆断層の上盤側で, その断層の近くで発生したこと, 多くの規模の大きな斜面崩壊が南及び南西向き斜面で生じたことを報告した。本稿では, 250m2 (約15m× 15m) より広くて, 断層から4kmの範囲にある上盤側の977の斜面崩壊を選んだ。そして, TERRA/Advanced Spaceborne Thermal Emission and Reflection Radiometer (ASTER) データから得られた細かい15m解像度のDEMを用い, その斜面崩壊の方位を計算した。その結果, それぞれ30%以上の斜面崩壊が南と南西に生じていたことを確認した。さらに, その方位がEnvironmental Satellite (ENVISAT) /Synthetic Aperture Radar (SAR) で検出された上盤の地表変位 (地震断層運動による永久的な変位) の卓越方位と一致することを確認した。他の研究者によって記録された住民の証言によると, 変位の大部分は地震発生直後に一気に形成されたという。このことは, 地表変位の異方性が, 斜面崩壊の異方性の主要な要素であることを示唆している。

著者関連情報
© 2008 公益社団法人 日本地すべり学会
前の記事 次の記事
feedback
Top