日本経営診断学会論集
Online ISSN : 1882-4544
ISSN-L : 1882-4544
中心市街地活性化指標の検討—通行量調査を代替もしくは補完する新しい方法について—
鈴木 英之
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 15 巻 p. 16-22

詳細
抄録

歩行者通行量の測定は,街の「賑わい」(活性化)を把握するための最も基本的な方法であり,多くの自治体が採用している。しかし,これまでの方法では地域間比較ができないなどの限界が指摘される。本報告では,従来法を補完,もしくは代替すると思われる新たな三つの方法について,尼崎市中心市街地を対象として試験的に適用し,そこで得られた「活性化指標」について,その有効性や限界を確認した。また指標は,単に賑わっているかどうかということを定量的に示すのみならず,賑わい状態のより詳細な情報を提供することで現状の要因分析を行うことや,諸条件を変化させることによる将来への影響をシミュレーションするような用途を想定し検討した。

著者関連情報
© 2015 日本経営診断学会
前の記事 次の記事
feedback
Top