徒手理学療法
Online ISSN : 2434-4087
Print ISSN : 1346-9223
研究論文
Lumbar Spine Instability Questionnaireの日本語異文化適応
松永 綾華三木 貴弘近藤 貴弘高﨑 博司
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 21 巻 1 号 p. 3-8

詳細
抄録

14の腰椎不安定性の臨床症状の有無を問うLumbar Spine Instability Questionnaire(LSIQ)は,認知行動療法に比べてモーターコントロールトレーニングの方が治療効果が高くなる者の予測に役立つという報告がある。そこで本研究では,国際的な質問紙票の異文化適応ガイドラインに準拠してLSIQの日本語版を作成することを目的とした。仮日本語版作成までの過程では,LSIQの表現で不明確な箇所があり,LSIQの元となった2006年のデルファイ法研究の記述を元に一部改編し,各質問の内容を失わずにより日本語として理解しやすく自然な表現を心掛けた。腰痛関連の愁訴をもつ30名によるパイロットテストを行った結果,意味が分からないというコメントは420(30人×14質問)回答中1件であり,パイロットテストで使用した原稿が最終的な日本語版LSIQとなった。最終的に,腰痛を持つ幅広い方が理解できる日本語版LSIQが作成され,今後の研究での活用が期待できる。

著者関連情報
© 2021 日本徒手理学療法学会
前の記事 次の記事
feedback
Top