日本神経回路学会誌
解説
マルチニューロン記録実験の実用プロトコール
礒村 宜和木村 梨絵高橋 宗良
著者情報
ジャーナル フリー

18 巻 (2011) 1 号 p. 14-21

詳細
PDFをダウンロード (1433K) 発行機関連絡先
抄録

大脳皮質や海馬のような脳領域における局所回路内の信号処理の仕組みを調べるためには,複数の電極をもちいて多数の神経細胞の発火活動を同時に検出できるマルチニューロン記録法が有効である.ここでは同記録法の簡単な具体例を中心にして,動物の手術から,多点電極,プリアンプ,メインアンプ,記録装置,オフラインでの自動スパイク·ソーティングとスパイク·クラスターの修正と選択までの各段階を,順を追って詳細に解説する.

著者関連情報
© 2011 日本神経回路学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top