情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
知的情報分析による索引作成とその意義 CA作成における特許分析を中心に
佐々木 啓子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

55 巻 (2012) 7 号 p. 472-480

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (915K) 発行機関連絡先
抄録

化学分野で世界最大の文献データベースChemical Abstracts(CA)は専門家による知的情報分析により索引付与されている。機械的索引では,重要でない情報も索引され情報洪水を引き起こす。また,異なった表現をされている事物を漏れなく検索することも不可能である。CAでは化学物質索引はCAS登録番号を,一般事項索引では統制語を使用しているため,漏れなく効率的に検索できる。CASロールにより目的の化学物質をピンポイントで検索することができる。知的情報分析による索引作成とは,文献から発明者や著者の意図をくみ取り,必要に応じて情報を補い,付加価値のある索引付与を行うことである。このようにして作成された索引の集合を解析することにより,研究開発や企業合併など重要な局面で決定要因となる高度な情報を得ることができる。

著者関連情報
© 2012 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top