視覚の科学
Online ISSN : 2188-0522
Print ISSN : 0916-8273
ISSN-L : 0916-8273
総説
自由曲面技術を活用した累進屈折力レンズの設計
祁 華
著者情報
ジャーナル 認証あり HTML

2019 年 40 巻 4 号 p. 71-78

詳細
抄録

21世紀に入る前後,累進屈折力レンズの製造方法において大きな技術革新があった。それまでは,累進屈折力機能を持つ表面(いわゆる累進面)を外面に持つセミレンズを作り置きし,装用者の度数に合わせて内面を球面またはトーリック面に加工する方式を長らくとってきたが,累進面のような複雑な面を精度良く短時間で加工する,いわゆる自由曲面製造技術が開発され,初めて個々の処方に対して光学パフォーマンスを最適化した累進屈折力眼鏡を設計し,製造することが可能になった。本文では,この自由曲面技術がどのように設計活用され,装用者にどのような利益をもたらすかについて説明する。

著者関連情報
© 2019 日本眼光学学会
次の記事
feedback
Top