環境技術
技術報告
最確数法を用いた簡便なクリプトスポリジウム計数法の開発
橋本 温土岡 宏彰泉山 信司中野 勲遠藤 卓郎
著者情報
ジャーナル フリー

46 巻 (2017) 11 号 p. 601-608

詳細
PDFをダウンロード (982K) 発行機関連絡先
抄録

水道原水やその汚染源となる下水放流水など,複数のオーシストが検出される可能性のある試料におけるクリプトスポリジウム試験の簡便性の向上を図るため,オーシストの計数方法にMPN(Most Probable Number)法を適用した.
粒子が等分散する標本の作製法を開発し,3㎜角の格子と直径20㎜の疎水円がプリントされた計数用フィルターでプレパラートを作成した.従来の実測値とオーシストの陽性区画数とろ過水量から求めたMPN 値の同一性を確認した.

著者関連情報
© 2017 環境技術学会

閲覧履歴
feedback
Top