日本細菌学雑誌
Online ISSN : 1882-4110
Print ISSN : 0021-4930
総説
我が国における病原真菌と健康障害ならびに対策の現状
槇村 浩一
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 62 巻 2 号 p. 295-312

詳細
抄録

病原微生物の中で, 最も身近でありながら実際には一際理解し難い生物群が「真菌」であったかも知れない。本稿では先ず真核生物としての真菌の特徴と, 複雑であったその分類・命名, ならびに病原性とヒト免疫との関連を論じた。次に真菌によって惹起される主要な健康障害とその疫学, および抗真菌薬の作用機序・耐性化機序について述べた。最後に真菌と真菌による健康障害への研究・対策上の基盤となる研究者と教育の現状を論ずることによって, 医学領域における真菌とその問題を概説した。

著者関連情報
© 2007 日本細菌学会
前の記事
feedback
Top