脳と精神の医学
Online ISSN : 1884-779X
Print ISSN : 0915-7328
ISSN-L : 0915-7328
特集:自閉症研究の最近の話題
自閉症スペクトラム障害のMRI研究
山末 英典
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 20 巻 4 号 p. 287-294

詳細
抄録

自閉症スペクトラム障害では対人交渉などの社会性の障害が中核をなし,全ての亜群において共通する症候である。近年技術的に進歩の著しいMRIを用いた研究が行われ,自閉症スペクトラム障害に関連した脳の機能的・形態的異常が報告されている。さらに健常ヒトでは,表情認知から他者の意図の理解に至るまで,対人交渉や社会性の基盤をなす脳神経回路も明らかにされつつあり,社会脳領域などと呼ばれている。われわれもMRIを用いた研究を行い,自閉症スペクトラム障害当事者における社会脳領域を中心とした脳形態異常とその遺伝背景,社会脳領域の男女差と社会性の男女差の関連と,その社会性の障害との関連について興味深い知見を得た。本稿では,これら近年の研究成果を示し今後の展望について述べた。

著者関連情報
© 2009 日本生物学的精神医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top