土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
ISSN-L : 0289-7806
中性化したコンクリートにおける乾湿繰返し作用による鉄筋腐食に関する研究
〓 路寛関 博高木 言芳
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 2002 巻 697 号 p. 1-11

詳細
抄録

鉄筋腐食によりコンクリート部材の性能は低下すると考えられ, 性能を算定する際に鉄筋の腐食速度を把握する必要がある. 本研究では, コンクリートの中性化による鉄筋腐食を対象とし, 鉄筋腐食モデル (酸素拡散支配モデル, コンクリート比抵抗支配モデル) を構築した. 鉄筋腐食の解析に用いるパラメータを定めるために, コンクリート細孔径分布関数を用い, 含水量の算定モデルおよび酸素拡散係数の算定モデルを設定した. さらに, 中性化したコンクリートに乾湿繰返し作用を与える鉄筋腐食促進実験を行った. 以上の算定モデルおよび実験から求めた関数を鉄筋腐食モデルに取り込み, FEM解析を用いることにより, 乾湿繰返し作用での中性化したコンクリート中の鉄筋腐食量を定量的に評価することを試みた. 解析シミュレーションと促進実験結果と比較し, 提案モデルの妥当性を検証した.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top