土木学会論文集D
Online ISSN : 1880-6058
和文論文
測定誤差を考慮した隠れマルコフ劣化モデル
小林 潔司貝戸 清之林 秀和
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 64 巻 3 号 p. 493-512

詳細
抄録

 土木施設の劣化予測モデルとして,劣化過程を健全度間の推移確率を用いて表現したマルコフ劣化モデルが提案されている.土木施設の健全度の評価結果には,ランダム誤差や,多くの劣化事象の中から評価対象となる事象を選択する場合に生じるシステム誤差が存在する.本研究では,土木施設の劣化過程をマルコフ劣化モデルとして表現するとともに,健全度の測定結果に誤差が発生するメカニズムを隠れマルコフ劣化モデルを用いて表現する.その上で,真の健全度により定義されるマルコフ劣化モデルを,マルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)シミュレーションによりベイズ推計する方法論を提案する.さらに,道路舗装を対象とした適用事例を通じて,隠れマルコフ劣化モデルの有効性について考察する.

著者関連情報
© 2008 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top