土木学会論文集D
Online ISSN : 1880-6058
和文論文
建設契約におけるダブルモラルハザード
石 磊宮尾 泰助小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 66 巻 4 号 p. 414-430

詳細
抄録

 本研究では,開発途上国における建設プロジェクト契約を不完備契約モデルとして定式化し,発注者・受注者双方が関与するダブルモラルハザードの発生メカニズムを分析する.その際,発注者・受注者の努力水準が第3者に対して立証不可能であり,プロジェクト費用リスクに対して互いに正の外部性(補完性)を有する場合に着目する.発注者が努力義務を怠り発生した超過費用を受注者へ移転しようとするモラルハザードが発生すれば,受注者によるモラルハザードが発生し,プロジェクトの効率性が低下するというダブルモラルハザードが発生する.本研究では,開発金融機関の立場から,現地政府と事業者の間で発生するダブルモラルハザードを抑制し,プロジェクトの効率性を担保できるような望ましい融資契約スキームに関して理論的なアプローチを試みる.

著者関連情報
© 2010 社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top