土木学会論文集F
Online ISSN : 1880-6074
和文論文
道路施設の巡回頻度と障害物発生リスク
貝戸 清之小林 潔司加藤 俊昌生田 紀子
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 63 巻 1 号 p. 16-34

詳細
抄録

 本研究では,路上落下物,路面の変状や損壊,道路付帯施設の破損・損壊等の路上障害物の発生過程を数え上げ過程としてモデル化する.その際,まず路上障害物の発生過程をポワソン過程としてモデル化する.さらに,障害物発生リスクの異質性を考慮するために,路上障害物の到着率の確率分布を考慮した混合ポワソン過程をモデル化する.具体的には,到着率の異質性をガンマ分布で表現したポワソンガンマ発生モデルを定式化し,路上障害物の発生リスクの管理指標を定式化する.その上で,巡回費用の削減を達成するような望ましい道路巡回政策を検討する障害物発生リスク管理モデルを提案する.さらに,一般国道を対象とした適用事例を通じて,本研究で提案した方法論の有用性を実証的に検証する.

著者関連情報
© 2007 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top