土木学会論文集F
Online ISSN : 1880-6074
和文論文
道路付帯施設の最適補修同期化政策
織田澤 利守山本 浩司青木 一也小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 64 巻 2 号 p. 200-217

詳細
抄録

 本研究では,機能部と構造部で構成される複合的道路付帯施設の最適補修政策について考察する.機能部の劣化状態は,故障の有無という2値変数で記述される.一方,構造部の劣化状態は複数の健全度で記述される.このような複合施設の維持補修では,予防修繕による構造部の長寿命化政策だけでなく,機能部の同時取替,構造部と機能部の取替のタイミングの同期化政策が重要となる.そこで,構造部と機能部の劣化過程を非斉次マルコフ連鎖モデルで表現するとともに,補修政策と取替タイミングの同期化政策を求める最適補修同期化モデルを定式化し,多数の道路付帯施設で構成されるシステム全体の点検・補修間隔を最適化する方法論を提案する.さらに,道路付帯施設の中から消火施設をとりあげ,最適補修同期化モデルの有効性を実証的に検証する.

著者関連情報
© 2008 社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top