J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集B1(水工学)
Vol. 69 (2013) No. 2 p. 101-104

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejhe.69.101

和文論文

 総合確率法は,ある再現期間に対応する洪水ピーク流量を求める手法で,いくつかの流域の治水計画に用いられている.従来,我が国で慣用されてきた手法を拡張して,降雨の時空間分布をより考慮した手法であるが,その基本的な考え方を記述した原著文献がない.本論では,総合確率法の背景にあると考えられる基本的な仮定を考察し,年最大総降雨量の確率分布と年最大洪水ピーク流量の確率分布との関係式を新たに導出した.また,流量が十分に大きい場合に,導出された関係式の近似式として,総合確率法が得られることを明らかにした.

Copyright © 2013 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有