土木学会論文集D2(土木史)
Online ISSN : 2185-6532
和文報告
秋葉古道の成立過程と果たしてきた役割の研究
中根 洋治奥田 昌男可児 幸彦早川 清松井 保
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 1 号 p. 22-37

詳細
抄録

 本稿では,静岡県の赤石山脈の南端にある,我が国の代表的な尾根を通る秋葉古道を研究対象とした.この古道について,中世以前のことがこれまで明らかにされていないので,その成立過程と果たしてきた役割などを研究した.秋葉古道は時代と共に黒曜石・巨石信仰・塩・修験道・秋葉信仰・戦いの道などに使われてきたが,文献調査,現地踏査及び聞き取り調査により,その成立過程とともに浜松市を代表とする遠州と飯田市を代表とする南信州を結ぶ古道の役割についても研究した.その結果,最古の道は兵越峠を越えていたこと,そして,時代が下がるにつれて利用されたルートが低い位置に推移していること,また秋葉古道の役割として,物や人の運搬に関することおよび信仰などのために使われてきたことを明らかにした.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top