土木学会論文集E1(舗装工学)
Online ISSN : 2185-6559
ISSN-L : 2185-6559
舗装工学論文集第26巻
コンクリート舗装のすべり抵抗性と路面テクスチャの関連性の検討
泉尾 英文鍋島 美咲安久 憲一岸良 竜上野 敦
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 77 巻 2 号 p. I_145-I_153

詳細
抄録

 コンクリート舗装の様々な路面を対象に,すべり抵抗性とテクスチャの関係について検討を行った.その結果,計測したテクスチャの曲線から,特定の路面波長の粗さ曲線を抽出して評価することが有効であり,すべり抵抗性には路面波長0.5mm以下の粗さによる影響が大きいことが分かった.路面波長0.5mm以下の粗さ曲線から算出した算術平均粗さ(Ra)は,DFTによる動的摩擦係数と強い正の相関を示した.BPNに対しても同様の傾向が認められたが,摩耗の程度によって関係性が異なり,同等のRaであっても摩耗作用を受けていない路面でBPNが高かった.これは,Raでは評価することができないテクスチャによる影響と考えられたため,他の指標も加えて相関分析を行った.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top