J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Vol. 70 (2014) No. 4 p. I_560-I_577

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejseee.70.I_560

地震工学論文集第33巻(論文)

 2003年三陸南地震(MJ7.1)では,東北新幹線のRCラーメン高架橋(愛宕高架橋など)が損傷するなど,深刻な被害が発生した.一方で,愛宕高架橋に隣接する稗田高架橋での被災は確認されていない.愛宕高架橋ならびに稗田高架橋における本震時の地震動を推定することは,被災機構の分析等を行う上で非常に重要である.そこで本稿では,当該高架橋沿いにおいて高密度の地震観測を実施し,得られた記録に基づいて,サイト特性を評価した.そして,経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動評価手法に基づき,2003年三陸南地震における愛宕高架橋・稗田高架橋沿いでの強震波形を推定した結果について報告する.

Copyright © 2014 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有