土木学会論文集F1(トンネル工学)
Online ISSN : 2185-6575
和文論文
赤外線熱計測による地下鉄覆工コンクリートの浮き検出方法の検討とその応用
川上 幸一小西 真治篠原 秀明久保 昌史黒須 秀明赤木 寛一
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 1 号 p. 25-39

詳細
抄録

 赤外線サーモグラフィ(パッシブ法)によるコンクリート表面付近の浮きの検出方法は,これまで日射の影響を受けない地下鉄トンネルで適用された事例が無い.本研究では,赤外線熱計測による地下鉄覆工コンクリートの浮きの検出を実務レベルで行える手法を研究開発した.まず,供用中の箱形トンネル及びシールドトンネルで,浮きを検出できる温度条件等を分析した.次に,箱形トンネルで浮きの検出を行い,検出の精度,外気温とトンネル内温度環境の関係を整理する事により,外気温を基に赤外線熱計測実施可能日を特定する方法を開発した.さらに,同一区間において,赤外線熱計測を実施すると共に別途綿密な全面打音検査を実施し,これらと鉄道構造物等維持管理標準に基づく特別全般検査結果とを比較し,赤外線熱計測の有効性を検証した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top