J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本集中治療医学会雑誌
Vol. 17 (2010) No. 4 P 513-518

記事言語:

http://doi.org/10.3918/jsicm.17.513

症例報告

血漿交換(plasma exchange, PE),リツキシマブが無効であった難治性の血栓性血小板減少性紫斑病(thrombotic thrombocytopenic purpura, TTP)に対し,多剤併用化学療法が有効であった2症例を経験した。【症例1】49歳,女性。TTPに対し,PE,ステロイド,ビンクリスチン単剤,シクロフォスファミド単剤,リツキシマブ投与が無効であったが,多剤併用化学療法を施行し,a disintegrin-like and metalloproteinase with thrombospondin type 1 motifs 13(ADAMTS13)インヒビターの陰転化ならびに症状の消失を認めた。【症例2】64歳,男性。TTPに対し,PE,ステロイド,リツキシマブ投与が無効であった。経過中脳幹出血を合併したものの,多剤併用化学療法により,ADAMTS13インヒビターは陰転化し,救命し得た。PE・リツキシマブが無効なTTP症例に対する多剤併用化学療法が有効である可能性が示唆された。

Copyright © 2010 日本集中治療医学会

記事ツール

この記事を共有