情報通信学会誌
Online ISSN : 2186-3083
Print ISSN : 0289-4513
論説
テレワークを通じた災害時の働き方についての一考察
―首都圏の企業雇用労働者を対象としたアンケート調査から―
吉見 憲二藤田 宜治
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 30 巻 3 号 p. 89-96

詳細
抄録

テレワークは、「情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」のことであり、自宅でも職場と同様に仕事ができるという点で有事におけるリスクマネジメントとしての効果が期待されている。
本研究では、東日本大震災後の交通網の混乱に関する事例に着目し、実際のテレワークの導入状況や効果について、企業雇用労働者2000名を対象としたWebアンケート調査を実施した。結果から、(1)通勤困難な状況下でも、多くの社員が出社しようとしていた、(2)テレワークの導入企業は全体の1割弱程度であった、(3)以降の交通網の混乱の事例に反省が活かされていない可能性がある、(4)テレワークの導入により交通網の混乱時における態度及び対応が変化する可能性がある、ことが示された。

著者関連情報
© 2012 情報通信学会
前の記事
feedback
Top