農業農村工学会論文集
Online ISSN : 1884-7242
Print ISSN : 1882-2789
ISSN-L : 1882-2789
研究報文
野外実験水田におけるドジョウ個体数推定
-推定値と方法の妥当性および簡易的個体数推定の可能性の検討-
竹村 武士森 淳渡部 恵司嶺田 拓也小出水 規行
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 86 巻 2 号 p. II_85-II_90

詳細
抄録

水田に生息するドジョウは鳥類等高次消費者の餌として重要でその資源量は生態系保全上の関心事項である.しかし,野外水田ではドジョウ資源量の真値は不明で,推定値やサンプリングデータの取得を含めた推定方法の検証が問題となる.本研究では野外実験水田における個体数推定を実施し,推定値および適用した方法の妥当性を検討するとともに,将来の一般利用に向け簡易的個体数推定の可能性を検討した.その結果,高密度な採捕定点の設置と個体除去およびDeLury第1モデルまたはプログラムCAPTURE-mbhモデルの適用は実用的に利用可能と考えられた.また,水田周縁部のみの採捕データを用いた個体数推定からは将来の簡易化可能性を示唆する結果が得られた.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top