農業農村工学会論文集
Online ISSN : 1884-7242
Print ISSN : 1882-2789
ISSN-L : 1882-2789
研究論文
すべり土塊の再分割を考慮したニューマーク法
― 農業用フィルダムへの適用 ―
西村 眞一西山 竜朗平松 研千家 正照
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 88 巻 2 号 p. I_213-I_218

詳細
抄録

農業用フィルダムのレベル2地震動の耐震照査ではニューマーク法が用いられるようになってきている.ニューマーク法は想定される円弧すべり土塊において,円弧中心における土塊の起動モーメントと抵抗モーメントより角加速度を算定し,地震加速度データの時間ステップごとにすべり変位を求めているが,すべり変位により土塊重心が低下し起動モーメントの値が小さくなることは考慮されていない.そこで,本研究ではニューマーク法の計算において,想定されるすべり土塊に滑動が生じた場合には滑動後のすべり土塊のスライスを再分割し,起動モーメントと抵抗モーメントを再計算することで最終的なすべり変位を算定した.その結果,再分割を行った場合ではすべり変位が大きくなるにしたがい起動モーメントの減少が大きくなり,再分割の有無で最終的なすべり変位に大きく差が生じることが分かった.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top