J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報知識学会誌
Vol. 19 (2009) No. 2 P 224-235

記事言語:

http://doi.org/10.2964/jsik.19-224

第17回(2009年度)研究報告会論文集

Web 情報探索行動中のサーチエンジン検索結果一覧ページ(以下,SERP と呼ぶ)に対する行動に着目し,ユーザ実験の方法論により,視線データ,ブラウザログ,事後インタビュー等の情報を包括的に用いて,ユーザ属性,タスク属性,クエリ属性の3 つの要因と,眼球運動による視線データとの関連を探った.分析の結果,SERP における行動の説明変数としては,他の要因に比べてInformation/Navigational クエリの違いによる効果が最も大きく,SERP への遷移の直接的な原因となるクエリ種別により,ユーザの行動を予測しうる可能性が示唆された.

Copyright © 2009 情報知識学会

記事ツール

この記事を共有