情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
「オープンデータにおけるRDF変換の研究」
久永 忠範渕田 孝康能登 大輔郭 崇陳 博
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 27 巻 2 号 p. 207-212

詳細
抄録

 近年,ビッグデータやオープンデータの活用が推進され,国や地方自治体をはじめ多くの団体がオープンデータの公開,活用に取り組んでいる.これらの開示されたデータ形式は,ワード,エクセル,CSV形式のファイルがいまだに多く,2012年に策定された「電子行政オープンデータ戦略」に明示されている「機械判読可能で人手を多くかけずにデータの2次利用が可能である」というデータ活用までには至っていないのが現状である.開示されている多くのデータをRDF形式へ簡単に変換できれば,複数のオープンデータの機械的な連携が可能となりオープンデータの活用を促進することが可能となる.本研究では,RDF形式の述語に当たる語彙に注目し,語彙の共通化を行うためにWrod2Vecというニューラルネットワークを活用して,語彙の近似性ついて実験を行った.またIPAの推奨する共通語彙基盤の語彙等も活用して語彙の共通化を図り,一般のオープンデータをRDF形式のファイルに変換する手法の提案を行う.

著者関連情報
© 2017 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top