Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
初めて緩和ケア病棟に従事する看護師の問題状況の検討─緩和ケア病棟開設から1年半後までの3時点の面接調査─
廣瀬 規代美中西 陽子神宮 彩子二渡 玉江
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2017 年 12 巻 4 号 p. 771-779

詳細
抄録

【目的】緩和ケア病棟に初めて従事する看護師が,緩和ケアの実践を通して捉える問題状況を面接調査により明らかにし今後の教育支援の示唆を得る.【方法】看護師4名を対象に半構造化面接を計3回実施し,Krippendorff Kの内容分析を参考に分析した.【結果】病棟開設後の問題状況は[緩和ケアにおける理解不足の自覚と対応に対する模索][緩和ケアにおける一般病棟の経験知の活用可能性と相違に対する不安]等,10カ月後では[命の期限と向き合う傾聴の重みと傾聴技術の限界の自覚][ケア方針の相違に対する困難さとジレンマ]等,1年半後では[患者の意思確認不足によるケアの判断の困難さ][患者・家族との関係形成の重要性の自覚]等であった.【結論】初めて緩和ケア病棟に従事する看護師の教育支援は,初期の傾聴技術の強化に加え,対人援助や生命倫理の知識の確認および事例検討を組み合わせ,段階的かつ継続的な実施が必要である.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top