Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
最新号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
原著
  • 渡邉 梨紗, 落合 亮太, 徳永 友里, 三條 真紀子, 眞茅 みゆき, 宮下 光令, 石川 利之, 渡部 節子
    2020 年 15 巻 4 号 p. 265-276
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/10/08
    ジャーナル フリー HTML
    電子付録

    【目的】慢性心不全患者とその家族と多職種チームが行うアドバンス・ケア・プランニング(ACP)に関する看護師の認識を明らかにする.【方法】質問紙を用いて全国の植え込み型除細動器/心臓再同期療法認定施設の看護師427名に,模擬症例とその家族と行うACP13項目の必要性を尋ねた.【結果】有効回答207名中,「機能予後・生命予後を伝える」を患者と「行うべき」と回答した者は51%で,全13項目中最少だった.患者・家族の比較では予後告知などに関する8項目で家族と行うべきとの回答が有意に多かった.認定看護師は,患者とは「これまでの人生で大切にしてきたものについて尋ねる」,家族とは「これからどんな人生を患者に歩んでほしいのかを家族に尋ねる」などで,その他の看護師より行うべきとの回答が有意に多かった.【結論】看護師はACPのなかでも患者への予後告知に慎重であること,認定看護師は患者や家族のその人らしさを重視する傾向にあることが示された.

  • 村上 真基, 牧内 美和, 久保 佳子, 衣笠 美幸, 山添 美保
    2020 年 15 巻 4 号 p. 285-292
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/10/21
    ジャーナル フリー HTML
    電子付録

    【目的】急性期病棟で医師が「臨死期の指示」を出すことが,看取りケアのコミュニケーション(以下,意思疎通)と医療者の困難感を改善させるか検討した.【方法】臨死期指示実施前群,実施群,未実施群の意思疎通をSupport Team Assessment Schedule日本語版(STAS-J)で評価した.また医師と看護師の困難感を研究時期の前後で比較した.【結果】STAS-J第8項「職種間の意思疎通」は実施前群(n=71)0.46±0.53,実施群(n=34)0.18±0.39,未実施群(n=44)0.66±0.48であった(p<0.001).STAS-J第4,6,7,9項の群間に有意差はなかった.困難感意識調査は医師(n=20),看護師(n=77)共に変化を認めなかった.【結語】臨死期指示実施例では職種間の意思疎通が良好であった.医師・看護師の困難感と,家族の不安や意思疎通は寄与しなかった.

  • 三澤 貴代美, 升谷 英子, 荒尾 晴惠
    2020 年 15 巻 4 号 p. 309-319
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/24
    ジャーナル フリー HTML

    【目的】再発・転移をきたした悪性骨軟部腫瘍患者のケアに携わる看護師が抱く困難感の実態とその関連要因を明らかにする.【方法】骨軟部腫瘍治療を行う12施設の看護師315名を対象に,看護師のがん看護に関する困難感および本疾患患者のケアへの困難感を調査した.また重回帰分析により関連要因を検討した.【結果】回答者は165人(有効回答率52.4%)であった.〈看護師のがん看護に関する困難感〉では,コミュニケーションの困難が最も高く,自らの知識・技術や,システム・地域連携の困難も高かった.〈悪性骨軟部腫瘍患者への看護に関する困難感〉では,ケアの対象特性に関することが高かった.関連要因は,施設特性,看護師経験や骨軟部腫瘍看護経験,骨軟部腫瘍看護の学習方法,多職種カンファレンスを認めた.【結論】骨軟部腫瘍に携わる看護師は,全人的苦痛,発症年齢,希少性に基づく困難があり,背景要因を踏まえた支援が必要である.

短報
  • 新城 拓也, 清水 政克, 三宅 敬二郎, 田村 学, 遠矢 純一郎, 白山 宏人, 松木 孝道, 石川 朗宏, 村岡 泰典, 濵野 淳
    2020 年 15 巻 4 号 p. 259-263
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/10/08
    ジャーナル フリー HTML
    電子付録

    本研究は日本国内における,自宅で死亡したがん患者の状況,医師や看護師の死亡時の立ち会いについて調査することを目的とした.国内の在宅医療と緩和ケアを提供している診療所で,2017年7月1日から2017年12月31日の間に,自宅で訪問診療を受ける終末期のがん患者を対象に,前向きの観察研究を行った.診療した医師が,初診時と死亡時に,患者背景,治療内容,死亡時の状況を評価した.調査期間中に,45の診療所で死亡場所が自宅であった患者676人の死亡状況を解析した.同居者がいた患者は91%,休日と夜間の死亡は49%(95%信頼区間[45〜52%]),死亡時の医師,看護師の立ち会い(呼吸停止,心停止の前から継続して患者の家にいること)はそれぞれ5.6%,9.9%であった.自宅で亡くなった患者のほとんどは家族と同居し,死亡時の医師や看護師の立ち会いはほとんどなかった.

症例報告
総説
  • 草場 正彦, 櫻井 卓郎, 角田 明子, 梅崎 成子, 村川 雄一朗
    2020 年 15 巻 4 号 p. 277-284
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/10/08
    ジャーナル フリー HTML

    近年,悪性脳腫瘍患者に対する終末期ケアの重要性が報告されている.終末期脳腫瘍患者と関わるうえで,患者の呈する症状を知ることは重要である.本研究の目的は,終末期脳腫瘍患者のデータ収集方法や評価時期,症状を調査することである.抽出された論文は7本であり,データ収集方法は診療録からの情報収集(4本),質問表(2本),電話での調査(1本)であった.評価時期は,死亡までの期間が46日から1週間前であった.患者の呈する症状は疾患特異的な症状と,終末期のがん患者が呈する一般的な症状に分類することができた.疾患特異的な症状である意識障害(4本),痙攣発作(7本),嚥下障害(6本),頭痛(6本)を報告した論文が多かった.終末期に近づくほど,嚥下障害の出現率は高くなった.以上より,データ収集方法や評価時期は先行研究ごとで異なり,終末期脳腫瘍患者は疾患特異的な症状を呈する可能性が高いことが示唆された.

活動報告
  • 山本 泰大, 渡邊 紘章, 近藤 綾子, 出口 裕子, 平野 茂樹, 櫻井 愛菜, 公文 章子, 村路 留美子, 持山 めぐみ, 奥村 佳美 ...
    2020 年 15 巻 4 号 p. 303-308
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/24
    ジャーナル フリー HTML

    【緒言】小牧市民病院では2018年3月より外来がん患者を対象としたオピオイド導入支援を開始した.本活動前後の変化を比較検討したため,報告する.【方法】対象は2017年1月〜2019年3月に小牧市民病院で苦痛緩和に対して強オピオイドを導入したがん患者で,本活動前後のオピオイド導入時のレスキュー薬,制吐剤,下剤の処方割合,副作用の発現率について比較した.【結果】対象は122名(活動前/後:54/68).本活動の前後でオピオイド導入時のレスキュー薬の処方率は90.7から98.5%に,制吐剤の処方率は63.0から70.6%,緩下剤の処方率は61.1から70.6%と上昇した.STAS-J2以上の副作用は本活動の前後で22.2,13.2%であった.【考察】当院での本活動の実施により患者に合わせた薬物治療の提供,患者の相談機会の増加に寄与することができた.

feedback
Top