人工呼吸
Online ISSN : 2436-3103
Print ISSN : 0910-9927
症例報告
経気管切開孔アプローチにて気道異物を摘出した乳児例
小原 隆史永芳 真理子余湖 直紀水足 佐知子武藤 雄一郎浅井 栄敏平井 克樹
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 39 巻 1 号 p. 63-67

詳細
抄録

 小児の気道異物に対する検査・治療は硬性気管支鏡を用いることが多く、気管切開や開胸術まで至ることは稀である。症例は1歳4カ月男児。みかんを食べた直後に心肺停止となり当院に搬送された。気管挿管、アドレナリン投与により心拍再開。胸部CTで左主気管支に異物を認め、果実や薄皮による気管閉塞を疑ったが、呼吸状態は安定しており、心停止後の集中治療を優先した。第2病日、左肺の無気肺を認め、第3病日には突発的な酸素化と一回換気量の低下が出現した。ファイバースコープにて黄白色の異物を確認したが、頻回の酸素化低下をきたすため、硬性気管支鏡での経口的アプローチでは気道確保が困難と判断し、気管切開を先行し、気管孔から鉗子付き鼻咽頭ビデオスコープを用いてみかんの種を摘出した。経気管孔的アプロ―チは、気管支の観察・摘出処置において操作性が良く、異物除去の有意義な一選択肢となり得る。

著者関連情報
© 2022 一般社団法人 日本呼吸療法医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top