日本獣医師会雑誌
Online ISSN : 2186-0211
Print ISSN : 0446-6454
北日本における人の日本顎口虫感染源としての淡水魚の調査
小山田 隆江坂 幸敏工藤 上吉川 尭
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 49 巻 8 号 p. 574-578

詳細
抄録

1992年7月~1995年12月に青森県東部地域で集められた18種の淡水魚総計44, 724尾について, 日本顎口虫の幼虫寄生を検索した.ドジョウ, ナマズ, ウキゴリ, ヤマメおよびウグイの5魚種から, 第3後期幼虫計322虫体を検出した.幼虫が検出された魚種はいずれも人への感染源になり得ると思われ, 特にヤマメを含むサケ科ならびにウグイを含むコイ科魚類は, 北日本で発生している人の日本顎口虫症の感染源として重視すべきものと考えられた.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医師会
前の記事 次の記事
feedback
Top