溶接学会全国大会講演概要
平成28年度春季全国大会
セッションID: 106
会議情報

CIP法を用いたアルミニウムのレーザスポット溶接時におけるキーホール形成挙動の三次元数値解析
*堀尾 克磨周 キョウホウ森 裕章宮坂 史和水谷 正海川人 洋介片山 聖二
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

アルミニウムをレーザ溶接する際、ポロシティが発生しやすい問題がある。本研究ではポロシティに着目し、数値解析によりその発生機構を解明するとともに発生を抑制する溶接条件の導出を目的とする。流体力学の基礎理論に基づく三次元解析モデルを開発し、計算の結果、実現象と比較的良好な結果を得ることができた。

著者関連情報
© 2016 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top