土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
論文
高精度MPS法とDEMによる砕波帯漂砂過程の数値シミュレーション
原田 英治五十里 洋行後藤 仁志居村 光孝清水 裕真
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_583-I_588

詳細
抄録

 砕波帯漂砂過程を対象とした数値シミュレーションでは,i)砕波がもたらす複雑な自由水面境界およびii)大量の底質土砂輸送がもたらす移動床境界に対する移動境界を扱うことになる.本研究では,i)に対して激流解析に適した高精度MPS法による流体解析を適用し,ii)に対しては粒子間相互作用力評価が可能なDEMを適用し,シートフロー漂砂を含む掃流粒子群挙動を模擬する.また,砕波によるジェットの着水によって生成される大規模組織渦構造によって巻き上げられる浮遊砂挙動は,濃度の移流拡散方程式を用いて追跡した.なお,拡散係数はk-ε乱流モデルから得られる乱流係数をSchmidt数で除して与えた.シミュレーション結果を既往実験結果と比較したところ本モデルの定性的な妥当性が確認された.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top