土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
レーダにより観測された伊勢湾のM2分潮成分を再現する領域海洋モデルのパラメータ推定
坪野 考樹三角 和弘津旨 大輔
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 2 号 p. I_637-I_642

詳細
抄録

 伊勢湾に設置した海洋レーダによる流速結果から得られたM2分潮成分の平均および分散共分散を用いて,グリーン関数法により伊勢湾を対象とした3次元数値モデル(ROMS:Regional Ocean Model Systems)のパラメータを推定した.グリーン関数の適用により観測結果を再現するパラメータは境界条件に設定する潮汐の大きさおよび海底面の摩擦に関する係数が推定された.潮汐の大きさは,1/4度の全球潮汐モデルの内挿結果を変更する必要がないことが示された.また,摩擦に関する係数は,20×10-3となった.目的関数の結果より,湾内の潮流と潮位の位相差を摩擦係数が調整していることが示された.また,推定されたパラメータにより,観測結果を再現する伊勢湾内のM2分潮の分布結果が得られた.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top