形態・機能
Online ISSN : 1884-6084
Print ISSN : 1347-7145
ISSN-L : 1347-7145
原著論文
地域在住高齢女性の口腔機能は健康関連QOLに影響するのか?
加藤 緩奈松田 直子高畑 未樹小関 千賀佐藤 寿晃
著者情報
キーワード: 地域, 高齢者, 咬合力, 口腔機能, QOL
ジャーナル フリー

2022 年 20 巻 2 号 p. 62-68

詳細
抄録

[目的]咬合力、口唇閉鎖力、舌圧を含めた口腔機能は多くの研究より、高齢者の身体・精神・認知機能、栄養状態などと関係があることが明らかになっている。しかし、口腔機能と健康関連QOLとの関係について報告は少ない。本研究の目的は地域在住高齢者を対象に口腔機能と健康関連QOLとの関連性を明らかにすることである。[対象と方法]Y市A地域であり、そこで行われている介護予防体操やサロン活動に参加している65歳以上の女性36名を対象とした(75.2±5.2歳)。基本属性、口腔機能として咬合力、口唇閉鎖力、舌圧、健康関連QOLとしてSF-12を調査した。[結果]PCSと握力(ρ=0.42, p<0.05)、RCSと咬合力(ρ=0.36, p<0.05)、握力と咬合力(ρ=0.55, p<0.01)は正の相関関係を認めた。年齢とPCS(ρ=-0.43, p<0.01)、PCSと舌圧(ρ=-0.39, p<0.05)は負の相関関係を認めた。[結論]口腔機能のうち、咬合力は、握力とMCSに関わり、心身機能と健康関連QOLに反映することを示唆する。

著者関連情報
© 2022 コ・メディカル形態機能学会
次の記事
feedback
Top