顕微鏡
Online ISSN : 2434-2386
Print ISSN : 1349-0958
特集:細胞骨格イメージング
クラミドモナスを用いた鞭毛運動の多角的解析
―電子顕微鏡から細胞生物学まで―
小田 賢幸吉川 雅英
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 48 巻 2 号 p. 94-99

詳細
抄録

鞭毛は多くの真核生物が持つ精巧な細胞小器官である.鞭毛の動きは多くの鞭毛タンパク質によって制御されているが,その複雑な機構は個々の分子を機能解析しただけでは捉えることができなかった.緑藻のクラミドモナスは長きに渡る研究の積み重ねにより,生化学,遺伝学,細胞生物学および構造生物学的手法によって鞭毛運動を追究することができる稀有なモデル生物である.私たちはこのクラミドモナスを用いて,鞭毛運動を駆動する分子モーターであるダイニンの制御機構を明らかにした.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 日本顕微鏡学会
前の記事 次の記事
feedback
Top