北日本病害虫研究会報
Online ISSN : 2185-4114
Print ISSN : 0368-623X
ハトムギ黒穂病の発生について
千葉 順逸桑田 博隆
著者情報
ジャーナル フリー

1981 年 1981 巻 32 号 p. 130-131

詳細
抄録

ハトムギに黒穂病の発生が認められ. 病原菌はUstilago coicisと同定された。発病は種子の来歴によって差があり.本病の種子伝染性が認められた。ベンレート水和剤1000倍液に種子を一昼夜浸漬することによって防除効果が認められた。

著者関連情報
© 北日本病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top