関東東山病害虫研究会報
Online ISSN : 1884-2879
Print ISSN : 1347-1899
ISSN-L : 1347-1899
虫害の部
アカスジカスミカメによる加害時期別の斑点米被害の特徴
武田 藍清水 喜一
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 2009 巻 56 号 p. 85-87

詳細
抄録

アカスジカスミカメの加害時期と斑点米発生率の関係を明らかにするために,ポットに定植したイネを用いて出穂から0, 7, 14, 21, 28日後に放飼した。その結果,登熟期前半に放飼した区では未登熟粒の被害や頂部斑点米,カメムシ黒点米が多く発生し,登熟期後半に放飼した区では,割れ籾に側部斑点米が多発した。

著者関連情報
© 2009 関東東山病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top