廃棄物資源循環学会誌
Online ISSN : 2187-4808
Print ISSN : 1883-5864
特集:サステイナブルなサイクル・シティ ― 自転車と3R ―
ライフサイクルアセスメントによる都市内移動手段のCO2排出量評価
――自転車は地球にやさしい乗り物か?――
加藤 博和山本 充洋柴原 尚希
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 22 巻 3 号 p. 220-227

詳細
抄録

人間活動起源CO2排出量の約2割を占める運輸部門を低炭素化するためには,各交通システムのCO2排出量を適切に評価していく必要がある。本稿では,低炭素な移動手段といわれる自転車およびLight Rail Transit (LRT) を取り上げ,それらが乗用車に比べどの程度のCO2削減効果を有するかを,ライフサイクルアセスメント (LCA) を適用して評価している。分析の結果,自転車を車両とインフラから構成されるシステムとしてとらえる場合,そのライフサイクルCO2は乗用車の走行によるCO2に比べ人kmベースで83~96%低くなった。しかし,既存道路上に自転車専用レーンやLRTを整備する場合,乗用車からある程度の割合で転換が生じなければ,逆にCO2排出量が全体で増加してしまうことが示された。また,LRTよりも電動アシスト自転車の人kmあたりCO2排出量の方が小さいことも明らかになった。

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 廃棄物資源循環学会
前の記事 次の記事
feedback
Top