Medical Imaging Technology
特集/がんの先制医療のための画像診断技術
生体イメージングを用いたがん細胞の動態解析
水野 紘樹石井 優
著者情報
ジャーナル 認証あり

34 巻 (2016) 2 号 p. 76-81

詳細
PDFをダウンロード (2023K) 発行機関連絡先
抄録

近年,がんの浸潤・転移にはがん細胞を取り巻く微小環境の理解が重要とされるようになってきている.がんの生体イメージングは,in vivoでのがん細胞の動きとその微小環境を乱すことなく多元的に解析することができる.そのため,この技術を用いてがん細胞の挙動をがん微小環境とともに理解し,関連分子から病態までを解明しようとする試みがなされている.本稿では生体イメージングの原理から,生体イメージングを用いたがんの病態解明についてわれわれが取り組んだ大腸がんと白血病モデルに関し実際の画像を交えながら紹介する.

著者関連情報
© 2016 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top