Medical Imaging Technology
JAMIT 2016 大会査読付き論文<研究論文>
大動脈経由の再灌流を考慮した造影MR血流解析法
坂 知樹後藤 敏行影井 清一郎岩澤 多恵
著者情報
ジャーナル 認証あり

34 巻 (2016) 5 号 p. 245-258

詳細
PDFをダウンロード (5888K) 発行機関連絡先
抄録

肺野領域の血流系は,肺動脈経由と大動脈経由の2つで構成される.これまで,大動脈経由の再潅流は肺動脈経由の血流の1割以下であるために,γ関数の当てはめによってあらかじめその影響を排除する方法が取られてきた.本研究では,最初に肺動脈経由と大動脈経由の2つの入力をもつ血管系で構成される血流系のインパルス応答をγ関数でモデル化することによって,再潅流の影響を評価する方法について検討するとともに,2つの血流系を分離して評価する解析法を提案する.また,これらの手法を用いた試作システムを肺がん患者の3症例に適用した.さらに,造影MR像を用いて肺野内部の局所血液量の総計と,肺動脈と左心房の信号強度から推算した肺領域全体の大域的血液量を比較した.また,肺野内を占める再潅流の割合を高速グラジエントエコーシネ(fast GE cine)より求めた心拍出量所見と比較し,妥当性を検討した.

著者関連情報
© 2016 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top