日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
トピックス
I.喘息病態の新理解(Th2,ILC2,好中球性)
山口 正雄
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 108 巻 6 号 p. 1114-1118

詳細
抄録

喘息の主病態は,Th2(T helper cell type 2)リンパ球及び2型自然リンパ球(group 2 innate lymphoid cells:ILC2)が引き起こす2型免疫であり,IL(interleukin)-4,IL-5ならびにIL-13といった2型サイトカインが関与している.これらサイトカインは,重症喘息に対する生物学的製剤の治療標的としても重要である.非2型免疫の病態も存在し,その代表としては,Th17リンパ球が引き起こす好中球性炎症がある.患者における気道炎症を把握することは,治療薬の選択に結び付く点において重要である.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top