J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 77 (1988) No. 9 P 1440-1445

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.77.1440


Angioimmunoblastic lymphadenopathy with dysproteinemia (AILD)にネフローゼ症候群を合併し,腎生検所見上微小変化群を示した20才男性例に, double filtration plasma pheresis (DFPP)を3回施行し,高ガンマグロブリン血症の改善とともに尿蛋白が陰性化しネフローゼ症候群の寛解を認めた症例を報告した. AILDにネフローゼ症候群を合併することはきわめてまれであるが,本例はネフローゼ症候群の発生機序を解明するうえで貴重な症例と考えられた.

Copyright © (社)日本内科学会

記事ツール

この記事を共有