日大医学雑誌
Online ISSN : 1884-0779
Print ISSN : 0029-0424
原著
当院における経肛門的直腸異物症例の検討
尾野 大気三松 謙司川崎 篤史加納 久雄久保井久 洋一荒牧 修大井田 尚継
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 67 巻 4 号 p. 226-229

詳細
抄録

平成 13 年 10 月から平成 19 年 9 月までの 6 年間に,当院で経験した経肛門的直腸異物症例 5 例と過去10 年間の本邦報告 27 例を対象とし,臨床的特徴と摘出方法について検討した.40 代から 50 代男性の性的倒錯によるものが多く,主訴は異物摘出困難が多かった.診断には単純腹部 XP と骨盤 CT が有効であった.当院症例における摘出方法は,経肛門的摘出が 3 例,開腹手術が 1 例,開腹下経肛門的摘出が 1 例で,麻酔法は腰椎麻酔のみが 1 例,全身麻酔のみが 2 例,腰椎麻酔・全身麻酔併用 1 例,無麻酔 1 例であった.異物が大きいほど肛門括約筋を弛緩させるために麻酔を必要とした.経肛門的直腸異物は,腹部単純 XP や骨盤 CT にて異物の大きさ,種類,挿入位置を正確に把握し,麻酔の有無や開腹の適応を決定する必要があると考えられた.

著者関連情報
© 2008 日本大学医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top