理論と方法
Online ISSN : 1881-6495
Print ISSN : 0913-1442
特集 社会学におけるパネルデータ分析の展開
パネルデータの収集と管理をめぐる方法論的な課題
保田 時男
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 27 巻 1 号 p. 85-98

詳細
抄録

 本稿では,社会学者によるパネルデータの収集と管理に関して,日本の調査環境が直面するいくつかの方法論的な課題を提示し,その理想像について考察する.パネルデータの収集については,3つの論点を示した.第1に,パネル調査においても回顧法の視点が必要なことを主張した.第2に,カレンダー面接が正確な記憶の取り出しに役立つことを説明した.第3に,computer assisted interview(CAI)が多方面に有効性を発揮することを示した.次に,パネルデータの管理に関する2つの論点について議論した.第1に,データクリーニングの問題を取り上げ,Fellegi and Houtの原則に沿った手続きの重要性を主張した.第2に,分析者にとってユーザビリティの高いデータを構築することまでが,調査設計者の役割であることを訴えた.最後に,これらの論点の中で,CAIの導入がもっとも重要で,パネルデータの理想的な収集・管理を議論するための要石であることを訴えた.

著者関連情報
© 2012 数理社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top