応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
パワーエレクトロニクス総論
大橋 弘通
著者情報
ジャーナル 認証あり

2004 年 73 巻 12 号 p. 1571-1574

詳細
抄録

パワーエレクトロニクスおよびパワーデバイスの現状と将来を展望し,今後の技術課題と研究の方向性を述べた.将来を展望する指標として電力変換装置の出力パワー密度に着目した.高出力パワー密度化にはパワーデバイスの高速・低損失化が不可欠であり,この視点からパワーデバイスの進展を考察した.既存のパワーデバイスは性能限界が顕在化しつつあり,限界突破技術としてワイドバンドギャップ半導体の可能性を述べる.

著者関連情報
© 2004 公益社団法人応用物理学会
前の記事
feedback
Top