J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

パーソナリティ研究
Vol. 25 (2016) No. 1 p. 26-34

記事言語:

http://doi.org/10.2132/personality.25.26

原著

本研究の目的は,ソーシャル・ネットワーキング・サービス上での自己情報公開を規定する心理的要因を検討することであった。mixi利用者1,051名を対象にウェブ調査を実施し,プロフィール上での自己情報公開や,情報プライバシーなどの心理的要因に関する項目に回答するように求めた。その結果,自己の属性情報(e.g., 性別),識別情報(e.g., 本名)への情報プライバシーが低いほど,不特定他者への自己情報公開数が多く,また,プロフィール上の自己表出性が高かった。一方,人気希求,犯罪被害へのリスク認知が高いほど,プロフィール上の自己表出性が高かった。

Copyright © 2016 日本パーソナリティ心理学会

記事ツール

この記事を共有