陸水物理学会報
Online ISSN : 2758-7231
陸水物理学会報-第43回研究発表会(2022釧路大会)
会議情報

積雪寒冷地の地質条件が異なる流域の将来水温予測
*鈴木 啓明中津川 誠石山 信雄
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 6-7

詳細
抄録

気候変動に伴い,積雪寒冷地では冷水性魚類の生息適地の縮小など,水温上昇による河川生態系への影響が懸念される.適応策の検討のためには,河川水温の変化に関する詳細な予測が重要である.影響の程度は地域特性に応じて異なり,地質の違いは重要な要素の一つと考えられる.そこで本研究では,積雪過程を考慮した水循環モデル及び水温推定モデルを用いて,地質条件の異なる積雪寒冷地の河川において,気候変動に伴う河川水温の将来予測を行った.

著者関連情報
© 2022 陸水物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top