人工知能学会全国大会論文集
第24回全国大会(2010)
セッションID: 1E1-3
会議情報

SAT を用いた大腸菌における代謝パスウェイの解析
*宋 剛秀井上 克巳
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

システム生物学における分子の相互作用のネットワーク表現(パスウェイ)において,初期化合物集合から目標化合物集合を生成する反応集合を発見することは重要である.本研究ではSAT符号化を用いた(a)極小モデルを用いることで反応数に依存しない解を発見でき(b)閉路を含むパスウェイに適用可能な手法を提案する.実験により得られた反応集合は大腸菌の代謝パスウェイで起こり得るものであり,手法の有効性を確認できた.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top