人工知能学会全国大会論文集
第28回全国大会(2014)
セッションID: 1D5-OS-11b-7
会議情報

登録後コース時間割問題の基数制約を用いた制約モデルとSATソルバーを用いた解法
*佐古田 淳史宋 剛秀番原 睦則田村 直之
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

登録後コース時間割問題は,与えられた講義の集合に対して,制約をできるだけ満たすように時間枠を割当てる組合せ最適化問題である.一方,命題論理の充足可能性判定問題(SAT)を高速に解くことが可能なSATソルバーが近年実現されており,多分野への応用が活発に研究されている.本研究では,登録後コース時間割問題に対して,基数制約を用いた制約モデル及びSATソルバーを用いた解法を提案し,その有効性を検証する.

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top