人工知能学会全国大会論文集
Online ISSN : 2758-7347
第31回 (2017)
セッションID: 1L1-2in2
会議情報

観光客の散策行動を考慮したエリア単位の行動分析
*武田 直人西村 拓哉戸田 浩之関 洋平
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

観光客の移動軌跡情報を利用した分析は,観光振興において重要である.従来の分析では,移動軌跡が一点に留まる滞留点の発見とそれに基づく行動分析が行われてきた.本研究では,観光客の滞留だけでなく,散策行動も併せて抽出する手法を提案する.実験の結果,各観光地に対して滞留エリア,散策エリアといった意味付けを行うことができ滞留だけを考慮する分析よりも多くの観光客の行動や移動を捉えられたので報告する.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top