人工知能学会全国大会論文集
第31回 (2017)
セッションID: 2J3-OS-16b-2in1
会議情報

人工知能(自然言語処理)フィードバック機能搭載型のインターネット認知行動療法(iCBT-AI)の抑うつ者に対する世界初の効果検証(無作為統制試験)
*宗 未来関沢 洋一竹林 由武
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

近年、うつ病に対する自習型eラーニング(iCBT)のエビデンスが蓄積し、英国では公的医療にも採用されている。本研究では、自然言語処理により①入力された悩みに共感提示や②自習に有用な指導、の機能付iCBTの抑うつ者における効果を無作為統制試験により検証した。結果、有意な脱落低下や軽うつ者の長期抑うつ悪化予防が示唆された反面、短期的効果では従来型に劣るというものであった。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top